2010年11月30日火曜日

たかじんのそこまで言って委員会101128 アカンデミー賞2010で民主党・中国などをパロディー化

11月28日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」は「アカンデミー賞2010」と称し秀逸なパロディーで大笑いしたり、笑えなかったり、腹を立てたりと色んな感じ方が出来たすばらしい内容でした。

最優秀作品賞、醜演男優賞、醜演女優賞、憂醜脚本賞、憂醜監督賞など傑作揃い。
最憂醜監督賞。「死んでたーのリスト(不明高齢者)」「それでもボクはやっていた(大阪地検)」「世界の中心は中国と叫ぶ」「こちら中国、なんでもあり公園派出所」

動画は、下記URLからどうぞ。
http://himado.in/31537













太陽光発電ナビ

テロ流出データを本にした第三書館は日本赤軍を支援し 社長が辻本清美議員の内縁の夫

今日の産経抄で、第三書館が、ネット流出した警察のテロ情報データを本にした記事が載っていた。


尖閣ビデオ流出問題は、仙谷官房長官がヒステリックに起訴しようと騒いでいた。新聞や週刊誌も同じように騒ぎ立てた。しかし、ビデオは国民と海保が共有すべき情報であり機密でも何でもない事から保釈された。


それよりも、仙谷健忘長官は、自分の政権の管理問題となるからか、テロ情報の流出犯捜しについては静かで何も聞こえてこないのは、保身ばかりが目立つ民主党体質として本当に残念である。


想像をたくましくすると、私の目の前に以下の映像が見えてくる。


民主党自身が、日本とアメリカの信頼関係を揺るがすためにやったのか?中国の工作員がやったのか?新聞や週刊誌はもっと公安上大問題のテロ情報流出問題を尖閣ビデオ流出以上に報道しなければならない。しかし毎度の事であるが、産経新聞以外は民主党の都合の悪くなることは騒がないような情報統制を行っている。


第三書館は、警視庁などの内部資料とみられる国際テロ関係の情報がネット上に流出したデータをそのまま収録した本を11月25日出版した。


警察官や捜査協力者の住所や氏名、顔写真などがそのまま掲載されている。人権問題にもなっている情報を本にするとは、非常に悪意を感じる。


第三書館の社長の北川明氏は、元日本赤軍で現在は日本赤軍の支援者であり、辻本清美元社民党議員の内縁の夫と言われている。また、辻本清美議員は、第三書館の取締役でもあった。
※北側明氏と辻本清美議員の詳細は、
http://hp1.cyberstation.ne.jp/negi/DEMO/shaw/t006.htm
による。(下記に追記)

国家公安委員長が、本来取り締まりを受ける側である問題の岡崎トミ子である。テロ情報流出が、キーワード;日本赤軍、辻本清美、岡崎トミ子、旧日本社会党、北朝鮮工作員、中国共産党工作員などの関係を感じて仕方がないが、捜査結果を待ちたい。
北朝鮮と親密な旧日本社会党の反日活動家である岡崎トミ子が捜査当局のトップである限り、真剣に捜査しているかどうかも疑問である。ひょっとして、岡崎トミ子が、工作員に便宜を図り流出させたのか?



日本およびアメリカ・西側諸国のテロ情報を欲しがっている日本赤軍(テロ組織と関係)、中国、北朝鮮などが、反日活動家の岡崎トミ子を国家公安委員長にして、国家機密情報の入手を楽々行える状態にしたとも疑うことが出来る。(想像です)

民主党自体が、「日本は日本人だけものじゃない」と言う日本解体思想の極左の人間が大半を占めている限り、すでに見えてきている全体主義、1%支持率でも政権を離さない一党独裁化傾向、尖閣ビデオ全面公開を一向にしない情報公開・説明をしない秘密主義、自衛隊に通達を出した言論弾圧、思想の自由の禁止など中国共産党の世界が、まさに日本に訪れようとしている。尖閣の衝突現行犯の中国人船長の起訴保留の釈放についても、仙谷健忘長官もマスコミも何も言わない。このままうやむやにして、国民に知らせず無罪とするのか。



我々国民は、このことは決して忘れてはならない。日本人として、中国に卑屈な仙谷、菅民主党政権にどれだけ、悔しい思いをしていることか。


これらの事も多くの日本国民が選んだ民主党政権がやっていることである。民主党を勝たせた日本国民の責任である。
民主党を勝たせた日本国民は、本当に目を覚まして欲しい。


2009年の衆議院選挙前のネットユーザーは、民主党の真実を暴いて民主党政権樹立を阻止しようと頑張っていたが、大手マスコミの前には力が及ばなかった。


しかし現在、ネットユーザーが中心となり全国各地で起こっている反中、反民主党デモが国民運動になりつつあるのが希望である。


民主党政権を解散に追い込み、真の保守政権の樹立を渇望する。
日本を、自分自身で侵略しようとする外国から守る事が出来るよう、自前の軍隊を持ち普通の国のように国防を行える日本を作りましょう。また、真の歴史認識に立ち、日本の名誉と誇りを取り戻し謝罪外交を辞めましょう。


-----------------------------------
【産経抄】11月29日より
2010.11.29 03:37
「ぼくらの暮しと 企業の利益とが ぶつかったら 企業を倒す ということだ ぼくらの暮しと 政府の考え方が ぶつかったら 政府を倒す ということだ」。雑誌「暮しの手帖」の初代編集長、花森安治は、こう宣言した。
▼花森のような「反骨の編集者」の列に加わったつもりかもしれない。警視庁公安部などが作成したとみられる国際テロ捜査関連の文書が、インターネット上に流出した問題で、第三書館という出版社が、データをそっくり収録した本を出版した。
▼出版社の社長は、「そもそも警察がテロリストを疑って個人情報を集め、違法捜査をしていることを明らかにしたかった」と語っている。「反骨」はわかったけれど、「ぼくらの暮し」はどうなっているのだろう。
▼本には、警察官や在日のイスラム系外国人らの名前や住所などがそのまま掲載されている。彼らのプライバシーは徹底的に踏みにじられた。そもそも今回の流出は、海上保安庁からの映像流出とは比べものにならないほど深刻な事件だ。情報拡散に加わるのは、テロ活動に加担するに等しいと思う。
▼事件が発覚してから約1カ月の間、警察は一体何をしていたのか。警察といえば国家公安委員長は、北朝鮮の砲撃にもわれ関せずだったし、官房長官は、自衛隊を「暴力装置」と呼んではばからない。治安の乱れは、現政権の「性向」と無関係とは思えない。
▼おとといの小紙は、警視庁の騎馬隊員が、暴れ出した馬から落ちながらも、周りに危害が及ばないように手綱を離さなかったために重傷を負った、と報じていた。こんな献身によって、かろうじて守られてきた「ぼくらの暮し」が、今まさに危機にさらされている。
--------------------------
追記:http://hp1.cyberstation.ne.jp/negi/DEMO/shaw/t006.htmより



社民党ウォッチング
北川明氏資料集(辻元氏内縁夫、第三出版社長)
 
1.北川明氏について
北川明氏は、「辻元氏の内縁の夫」「元日本赤軍」「第三出版社長」という3つの肩書き? を持つ人物です。辻元氏は、この旧日本赤軍メンバーから 強い影響を受けている事が週刊新潮なので報じられています。この辺りを概觀した有名なコピペを以下に挙げます(どこまで本当かは知りませんが)。
辻元清美の内縁の夫である北川明は、 昭和50年、スウェーデンから強制送還され、 旅券法違反で逮捕された日本赤軍のヨーロッパ担当兵。西ドイツの日本人商社員誘拐・身代金奪取作戦に参加予定だったのが未遂に終わり、公安調査庁がずっと動向を調査してきた要注意危険人物。
辻元の選挙区は大阪10区(高槻・島本)、氏の地盤の高槻市はあの赤軍の重信房子が潜伏、逮捕された場所であり、周辺に日本赤軍の関係者・支援者が多い土地である。
重信房子支援者が勤務していた高槻市の光愛病院の創設者は、日本赤軍の前身である共産主義同盟(ブンド)赤軍派の元メンバー。 光愛病院は、日本赤軍支援グループの拠点、巣窟だった。
辻元の選対本部には、元過激派のメンバーが現在でも多数所属。 (辻本は早大在学中に極左団体と関係していた。) 余談であるが辻元は学生時代、金に困ると新宿紀伊国屋書店で豪華本を何度となく万引きし、古書店に売りさばいていた。
また早稲田時代、夏目漱石の著作権が切れているのを逆手にとって岩波の全集あたりを底本にして「ザ・漱石」なる粗悪本を印刷し大量に売りさばいていた。出版社としての信義にもとる卑劣な行為と言わざるを得ない。
また辻元の内縁の夫、北川が経営する「第三書館」という出版社は、マリファナや殺人、テロに関する詳しい書籍など、著しく極左的・反体制的・反社会的な著作を多数出版。辻元の著作5点も「第三書館」から刊行。
また、辻元が主催していた頃の「ピースボート」船上では当局の目が届かないのをいい事に参加者間(漫画家の石●啓や京大 出身の某助教授ら)で公然とマリファナが吸引されていた。「ピースボート」は日本赤軍が国際的に作ろうとしている支援組織「ADEF(反戦民主戦線)」の 表側の組織 。北川は日本赤軍が移動する際、ピースボートに紛れ込んでいた。

北川明氏の紹介は、週刊新潮4月4日号が詳しいです。
巨額借金踏み倒し 日本赤軍の影堕ちたヒロイン「辻元清美」の正体
これに対する、北川氏の借金主への反論です。  「それはないと思いますよ、平河工業社さん」
ZAKZAKでも、北川明氏について触れています。
 辞職・辻元に日本赤軍メンバーの影
あと浅野健一という北朝鮮シンパの教授が、北川明氏と友達であると、以下のページで述べています。   http://www1.doshisha.ac.jp/~kasano/ASANO/ACHIEVEMENT/recentbooks.html


2.第三書館資料集
さて、週刊新潮の記事には、以下のようなくだりがあります。
つまり、当時盛んに海外でのテロ行動を活発化させていた日本赤軍メンバーとして、北川氏の活躍が新聞紙面に躍っているのだ。さらには、第三書館の閉鎖登記を遡ると、役員欄には、ばりばりの日本赤軍活動家の名前が登場したり、ほかならぬ辻元氏本人の名前も登場してくる。辻元氏がパートナーとして不可分の関係で共に歩んできた北川氏とはそういう経歴の持ち主なのだ。
「東京の名無しさん」が、この登記簿をとってきて下さったので、ここに載せましょう。「JR大久保駅にある東京法務局新宿出張所」でこの登記簿を取得したそうなのですが、 辻元事件以降、結構これをとっている人が多いらしく、
>余談ですが、登記簿取得の際の、担当官の「あー、またかー」という表情が 印象的でした。
>管轄内ですっかり有名な会社となったようです。
という事です。
それでは、この登記簿の紹介といきましょう。まずは現在のものから
 株式会社 第三書館
現住所 東京都新宿区大久保二丁目1番8号
  1. 1.書籍、新聞、雑誌等の企画、編集、印刷、出版及び販売
  2. 図書の輸出入及び著作権の仲介業務.
  3. .翻訳及びその斡旋業.
  4. 旅行の斡旋業.
  5. 上記に附帯する一切の業務.
資本金 1000万円
昭和53年11月27日 設立
現在の役員 代表取締役 北川明 
東京都新宿区大久保二丁目1番8号 (本店所在地と同じ)
取締役 北川明
取締役 北川清
取締役 北川きぬ
監査役 山本勲
・・と役員は親族で固めているようです。
では過去はどうだったのか? それを明らかにするのが、以下の画像です。
3つ目の画像によると、辻元氏が昭和63年7月31日から第三書館の取締役として就任していたのが分かります。最初、間違って「辻本」と誤表記してしまったので、後で「辻元」と直しています。本当にみんなよくお間違えになる(笑。
4つ目の画像では、登記簿上は、平成1年12月31日に退任した形になってはいますが、その旨登記申請があったのは、ずっと後の平成10年11月24日に なってからです。しかも辻元氏だけでなく、北川氏その他の役員が一斉に退任しています。一体、何があったのでしょう?
参考までにフライデー4/12号の記事を挙げておきましょう。
さらに本誌は、辻元氏にあらたに"無届け兼職"の疑惑があることをつかんだ。国会議員に報酬を得る兼業かある場合、資産 公開法にもとづき、届け出をすることが定められている。ところか、辻元氏は届け出を行わずに、民間企業の役員を務めていたと疑われてもしかたない、不可解 な行為があった。
辻元氏は87年に早稲田大学を卒業、96年に初当選。実はこの間の88年、東京・新宿区の出版社「第三書館」の取締役に就任した。辻元氏自身、この第三書館から何冊も著書を出している。
同社の登記簿によれば、辻元氏は翌89年に役員を退任している。ところが、この退任の登記が行われたのは、9年も経ってからの98年。つまり、98年になって「9年前に役員を退任していた」という登記を行ったわけだ。
「商法上、株式会社の役員は2年ことに登記しなくてはならない。役員の退任か9年前であったとしても、実際の登記かされ るまでは、役員としての権利・義務は継続することになる」(東京法務局)とすれば、辻元氏は96年からの2年間、議員と企業の役員を兼職していたことにな るが、その届け出は行われていない。
しかも、辻元氏は89-96年、新宿区内の高級マンションに住んでいた。部屋の所有者は、第三書館。この物件は98年5月に競売にかけられており、辻元氏が役員退任の登記を行ったのは同社が経営難に陥ったあとの同年11月だ。
第三書館の北川明社長(58)は辻元氏ときわめて親しい関係にあり、ブレーン的な存在だといわれるが、一方で多額の金銭トラブルが報じられている。
辻元氏の事務所にこの問題を質したが、締め切りまでに明確な回答はなかった。辻元氏は議員辞職しても、離党はしないという。疑惑は深まるばかりだ。




3.北川明氏新聞記事・関連リンク
辻元氏の内縁の夫・北川明をはじめ、日本赤軍の資料が満載です。尚、新聞記事に出てくる「翻訳作戦」とは、「日本赤軍が計画した、ヨーロッパで身代金目的に日本の商社の現地駐在員の誘拐をする計画」の事です。でも途中でメンバーが次々と逮捕され、未遂に終わっています。
日本赤軍「北川」「島田」強制送還 読売(昭和50年9月3日) (245k)
強制送還の北川、島田逮捕 毎日(昭和50年9月4日) (270k)
「北川」「島田」羽田で逮捕 読売(昭和50年9月4日) (343k)
締め出された日本赤軍 朝日(昭和50年9月4日 夕刊) (214k)
日本赤軍 誘拐計画 全容わかる 朝日(昭和50年9月11日) (260k)
メンバーの写真 西川純 佐々木規夫 松田久 戸平和夫
坂東国男 大道寺あや子 浴田由紀子
大道寺将司 和光晴生
(どれも10k前後)
 特に資料性のある、メンバー顔写真と組織図は、それだけをとりあげてアップ。


  • 上の写真の中で、「行者芳政」という名前、見た事ありませんか? 実は、第三書館の登籍簿で登場しています。行者さんは取締役でした。
    行者さん、今は、こんなのをやってます。⇒ 海南社(ベトナム商品の販売)
     




  • 指名手配写真と赤軍の実績が載っているページ
     




  • 若王子さん誘拐は日本赤軍の犯行と断定
     




  • 今は逮捕されているメンバーも多く、こんな会も出来ています
    ⇒ 帰国者の裁判を考える会
     




  • シャバにいるメンバーは、こんな活動をしています。
    ⇒ ムーヴメント連帯  2月16日集会戸田議員も出席!)
     




  • 昔の重信房子は美人です ⇒ 重信房子さんを支える会
     




  • 人民新聞公式HP 日本赤軍のコーナーも。個人的には面白いと思う。






  • 太陽光発電ナビ

    2010年11月29日月曜日

    民主党の中心勢力の旧日本社会党の岡崎トミ子ほか5人の官僚達は日本の国益より外国の国益優先のDNAを発揮中

    今日の産経ニュースは、いまや民主党の大半を占める旧日本社会党が北朝鮮とべったりであり、日本の国益より外国の国益を優先する反日政党であった事を述べている。
    民主党と公明党が中心となり推進している、「外国人地方参政権」、「人権侵害救済法(人権擁護法)」は、在日韓国人、在日北朝鮮、在日中国など日本に愛国心を持たない外国人のための法律であり、愛国心のない外国人が日本で多くの権利を獲得し日本の国益を大きく損じる法案である。何回も廃案にされているこれらの法案を、民主党政権は、多数決をもって「子供手当」のように無理矢理通そうとしている。
    旧日本社会党、民主党、公明党が、在日朝鮮人を中心とする外国人に多くの保護・特権を与える政治活動の結果、現在日本人以上の生活が出来るようになり今や逆差別と言われている。

    本来なら、警察の監視下に置かれるべき反日活動家の岡崎トミ子が、菅総理が事もあろうに国家公安委員長に任命した。これで、韓国人、朝鮮人、中国人のスパイ活動、犯罪は見逃し放題か!
    岡崎トミ子が中心となり提唱している慰安婦への保証金等に関する法案は、とっくに決着している問題を何回も蒸し返して法案提出し我々の血税を朝鮮人にわたし、日本のイメージをおとしめようとする法案である。仮に岡崎トミ子の言う慰安婦問題があるなら、日本人の慰安婦に対しても同じように補償を求めるべきであるが日本人は対象外となっている。

    慰安婦問題は、証拠がないため捏造であることが証明されており、
    教科書からも記載が消えた。

    以下。民主党の旧社会党の反日DNAについて述べています。

    産経ニュース2010.11.29 08:27
    【戯言戯画】岡崎トミ子 本性は隠せない

    岡崎トミ子


    昭和50年代の「正論」コラムを再掲している本紙『昭和正論座』(毎週土曜日掲載)をぜひ、読んでいただきたい。当時の日本社会党が、いかにデタラメな東アジア政策をとっていたか…。


    昭和53年5月“北朝鮮べったり”だった社会党訪朝団は朝鮮労働党と、朝鮮半島の「自主的平和統一」のために在韓米軍を撤退させる、などとした共同声明を発表する。そのウラで北朝鮮は「平和」どころか、せっせと工作員を日本に送り込み、横田めぐみさんら多数の日本人を拉致していたのだ。
    それを思うと社会党の行為は「犯罪」に近い。かつて社会党にいた関嘉彦・早大客員教授(当時)はもっと辛辣(しんらつ)だ。同年3月の訪中使節団が「武力は社会主義国と資本主義国ではまったく違う」などと発言していたことを取り上げ、「失笑をもらすのは中国側だけでなく、恐らく世界のすべての人であろう」とコテンパンに批判している。


    これは「昔話」じゃない。菅直人内閣には旧社会党出身の閣僚が5人も居て日本の国益よりも外国の利益を優先させるような“トンデモ発言”を繰り返している人もいるからだ。国民の生命と財産を守る国家公安委員長からして、元慰安婦に新たな個人補償をしたい、だの、反日デモの参加は「国益にかなう」だって? 一瞬で消えた「社会党ブーム」にさっさと見切りをつけ、民主党にくら替えした“変わり身の早さ”はあっても、やっぱり本性は隠せない。


    国民の皆サマもいい加減、目を覚ましてくれ。こんな“ヌルい”大臣たちを見て諸外国は笑いをかみ殺しているに違いない。中国人が凶悪犯罪を連発し、韓国から窃盗団がやってきても、今度は「犯罪者も日本人と外国人とではまったく違う」なんて言い出しかねん。(喜多由浩)
    ----------------------
    すぎやまこういち「岡崎トミ子は公安に
     マークされる側の人間」


    岡崎トミ子 日本大使館で反日デモ
    岡崎トミ子は、血税で国会期間中に反日デモに韓国


    岡崎トミ子国家公安委員長に自民党稲田朋美議員が、韓国で行った慰安婦デモについて国会質問










    太陽光発電ナビ

    尖閣はが日本領記述 中国が認めた感謝状が11月28日に発見

    産経ニュース11.29 09:00より
    「尖閣は日本領」記述 中華民国から
    の感謝状 石垣村長あても現存

    石垣市内で新たに見つかった中華民国からの感謝状(石垣市提供)
    石垣市内で新たに見つかった
    中華民国からの感謝状(石垣市提供)

    中国が戦前から沖縄・尖閣諸島の日本領有を認めていた証拠となる「感謝状」の完全版が28日、石垣市内に現存していることが分かった。
    感謝状は、1920(大正9)年5月、中華民国駐長崎領事が、前年に遭難して尖閣諸島に避難した中国・福建省の漁民31人を日本の住民が救助したことに対して贈ったもの。文中に尖閣諸島を「日本帝国沖縄県八重山郡尖閣列島」と記述している部分があり、当時の中国が尖閣諸島を日本の領土として認識していたことが分かる。
    石垣市によると、感謝状は関係者7人に出された。このうち、1通は石垣市立八重山博物館に保管されているが、掛け軸にするため上下左右が切り取られている。今回発見されたのは、当時の石垣村長、豊川善佐氏に贈られたもの。尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をきっかけに、同博物館が豊川氏のひ孫の女性に調査を依頼したところ、今月12日、自宅で発見された。
    石垣市の中山義隆市長は産経新聞の取材に「村長あての感謝状で、保存状態も非常によい。尖閣諸島が日本の領土であることの証明がより強固になった」と話している。

    太陽光発電ナビ

    2010年11月28日日曜日

    おれは歩きたくないんだ!民主党松崎議員 航空祭の防衛省恫喝調査の全容

    一方通行を、30m先の駐車場まで歩くのが嫌と言う理由で、静止する自衛隊員を恫喝し車を逆送させた事件は、国会議員の奢り(おごり)以外何者でもない。国民から選ばれた公僕であることを忘れず謙虚であって欲しい。


    ----------------------------
    産経ニュース2010.11.28 01:30より

    「おれは歩きたくないんだ!」隊員を団扇で数回たたく
     防衛省調査で判明 松崎議員“恫喝”の全容
    衆院本会議に臨む民主党の松崎哲久氏=18日午後、国会・衆院本会議場(酒巻俊介撮影)

    民主党の松崎哲久衆院議員(60)=埼玉10区=が7月、航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)の納涼祭で、空自側の対応に不満を抱き、隊員に“恫喝(どうかつ)”ともとれる発言をした問題の詳細が27日、防衛省の聞き取り調査で分かった。松崎氏は駐車場までの徒歩要請を「歩きたくない」と拒否。歩行者安全確保のための一方通行規制を無視し、車を逆走させて呼び寄せた上で隊員の腕をつかみ、うちわで数回たたいた。
    防衛省の内部調査は終了したが、北沢俊美防衛相は「調査は進行中」(26日の参院予算委員会)として、結果を公表していない。
    松崎氏はこれを報じた18日の産経新聞記事について自身のホームページ(HP)で「隊員には手も足も触れていない」「受付方向に車が走れないと思う方が無理」と反論している。
    調査では、松崎氏は7月27日午後8時50分ごろ、受付付近から、約30メートル離れた来賓用駐車場の自分の車を一方通行規制を逆走させる形で呼んだ。
    車は誘導に従わず丁字路の右折を試み、隊員Aが注意すると、運転手は車を降り松崎氏のところまで歩いて事情を説明した。松崎氏が「2車線あるから問題ない。車をここに着けろ」と話したのを、近くにいた隊員Bが聞いた。
    隊員Bが「混雑のため車両規制を実施しています。事故の可能性もある」と車まで歩くことを要請したが、松崎氏は「おれは歩きたくない」と拒否した。
    運転手は車に戻り、隊員Aの制止を無視して一方通行を逆走、十字路でUターンして停止。松崎氏は隊員Bの腕をつかみ「ほら危なくないだろう」と言いながら、持っていたうちわで数回たたき、車に乗った。
    隊員Bはドアが閉まった後、「二度と来ないでください」とつぶやいたが、車窓が開いており松崎氏が聞いた。松崎氏のHPでは、このとき「ムッとしたが挑発に乗ったらダメだと分かっているから立ち去った。後日、基地側から謝罪にきたが、私が謝罪を求めたのではない」としている。
    だが防衛省調査では、松崎氏は隊員Bに詰め寄り「何だおまえは。司令官を呼んでこい」と言った後、受付で受付担当幹部に事情を話し、隊員Bの謝罪を求めたとあり、言い分は食い違っている。
    調査はまた「隊員Bは胸をつかむように押されたと言っている」としたものの、「同僚隊員からは死角で、目撃証言は得られなかった」とした。
    松崎氏は27日、産経新聞の取材に「隊員に手は触れていない。うちわが触れたかどうかまで記憶にない。私は子供のころから家族にも友人にも手を出したことはない。周囲もそれを信じてくれている」と語った。


    太陽光発電ナビ

    支持率1%でも辞めないと言った民主党菅総理は国民の意思が理解できない?

    2010年11月27日24:00時点で支持率1%でも辞めないといった記事を報道しているのは、大手マスコミでは産経のみ!

    産経ニュース2010.11.27 23:17より
    http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101127/plc1011272318021-n1.htm


    首相、活発に党内固め 鳩山氏と会談 仙谷氏ら問責可決も「支持率1%でも辞めない」

    仙谷由人官房長官と馬淵澄夫国土交通相への問責決議が参院で可決されたことで一層厳しい政権運営を強いられている菅直人首相は27日、都内の中国料理店で民主党の鳩山由紀夫前首相と会談し、党内固めに乗り出した。両氏が2人だけで会談するのは9月の民主党代表選後では初めて。
    会談で首相は「内閣支持率が1%になっても(首相を)辞めない」と述べ、政権維持への強い意志を示した上で、今後の政権立て直しに向け、鳩山氏に連携を持ちかけたという。
    年明けの通常国会をにらみ、首相には大幅な内閣改造による人身一新が念頭にある。首相は仙谷氏らを続投させる方針だが、党内には「(仙谷氏を)通常国会前に更迭しないと政権が持たない」(中堅)との声があり、人事を断行するには党内世論を見極める必要がある。ただ、首相自身が2日のグループ会合で「首相官邸は情報過疎だ」とぼやいたように、党内を掌握しきれない。
    首相の政権運営に批判的な小沢一郎元代表は、4夜連続で民主党の衆院1回生との会合に出席。同氏を支持する衆院1回生53人の新グループ「北辰会」の最高顧問に就くなど活発な動きを見せている。首相は鳩山氏から党内情勢について情報を得ようとしたようだ。
    首相は27日夜、都内の日本料理店で、9月の党代表選で小沢氏を支持した海江田万里経済財政担当相とも会食した。首相は「来年度予算の年内編成、そこからスタートだ」と語っていたという。




    太陽光発電ナビ

    2010年11月26日金曜日

    民主党の全体主義の体質が出た航空祭の民間人の言論弾圧に発言者猛反発!

    民主党の中国共産党と同じような全体主義政権の体質を露呈した、航空祭の民間人の民主党批判封じ込みのための言論弾圧とのとれる通達に対し、発言者の荻野氏が「言論の自由」を守るため全面対決すると宣言した。また、参院自民党が「言論弾圧通達検討プロジェクトチーム(PT)」を設置して通達撤回まで追求することを決めた。民主主義を守るために当然の処置であり、自民党は良くやってくれたと思う。
    -----------------------------------------------
    産経ニュース2010.11.19 00:17より
    http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101119/stt1011190025000-n1.htm
    民主党の体質を露呈した航空自衛隊入間基地の航空祭=3日、埼玉県狭山市
    民主党の体質を露呈した航空自衛隊
    入間基地の航空祭=11月3日、埼玉県狭山市

    防衛省通達問題の当事者、入間航友会

    会長が激白「日本をつぶす気か」



     防衛省が、自衛隊施設内での民間人による政権批判発言を封じ込める事務次官通達を出したことが、国会で大問題となっている。こうした中、きっかけとなる発言を行った民間団体「入間航友会」の荻野光男会長(88)が17日、夕刊フジの単独取材に応じた。荻野氏は「自民党政権時代から、自衛隊や政治に苦言を呈してきたが、今回突然、民主党政権が言論封殺に出てきた。民主党は『言論の自由』を奪い、日本をつぶす気なのか」と激白した。(夕刊フジ)


    発言要旨:「菅政権潰して自民党政権に」最後に記載あり



     荻野氏が注目の発言をしたのは今月3日、航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)で開かれた航空祭でのことだ。地元病院の理事長で、1962年に自衛隊を後援する「入間航友会」を立ち上げた荻野氏は、途中から30年ほど同会会長を務めている。例年同様、約3000人の招待客の前であいさつした。
     これを伝え聞いた北澤俊美防衛相ら政務三役が激怒して、前代未聞の次官通達に発展したというが、今回の通達について、荻野氏は「とんでもない話だ。『民主党よ、ふざけるな!』と言いたい」といい、こう続けた。
     「私は以前から、原稿なしで自由にあいさつしてきた。自民党政権時代も、民間人の立場で、自衛隊や、当時の政治に対する思いのたけを述べてきた。さんざん苦言や文句も言ってきた。航空祭には、自民党の大臣や議員もたくさん来たが、これまで一切抗議はなかった。それが、政権交代した途端、民主党は『批判するのはケシカラン』と言い出した」




     次官通達は、荻野氏の発言を、自衛隊法などの「政治的行為の制限」違反との誤解を招く「極めて不適切な発言」と断じたうえで、(1)政治的行為と誤解されることを行わないよう参加団体に要請(2)誤解を招く恐れがある場合は参加を控えさせる-などの対応策を指示している。
     民主党政権の逆鱗に触れた荻野氏は「民主党はかつて『徹底的な情報公開』『国民目線の政治』などを掲げていたが、やっていることは正反対だ。私は別に、個人を誹謗中傷したわけじゃない。政権や政党は批判されるのが当たり前ではないのか。現に、あいさつした後、大勢の人が『よく言ってくれた』『その通りだ』と握手を求めてきた」という。
     そのうえで、「民主党は化けの皮がはがれた。このままでは、言いたいことが言えない世の中になる。来年の航空祭でも、私は同じように自由に発言する。国会に呼ばれたら、堂々と出ていく。私は『言論の自由』を守るために、断固として戦っていく」と宣戦布告した。
     これに対し、「影の宰相」こと仙谷由人官房長官は17日の記者会見で、「外部の人がどこまで言っていいのか。『政権をつぶす』とは相当、荒々しいことであるのは間違いない」といい、民間人であっても一定の発言制限は必要だとの考えを示した。
     果たして、国民はどう判断するのか。


    ----------------------------------------
    参考:発言の要旨 産経ニュース2010.11.19 00:25より

    「菅政権つぶして自民党政権に」

    入間航友会会長の発言要旨


    http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101119/stt1011190026001-n1.htm

     防衛省が自衛隊施設内での民間人による政権批判発言を封じ込める事務次官通達を出すきっかけとなった民間団体「入間航友会」の荻野光男会長(88)が航空祭で行った発言要旨は次の通り。(夕刊フジ)
     「入間基地航空祭おめでとうございます。普段、国防の任に当たられている自衛隊のみなさん、いつも大変ご苦労さまです。さて、現在の日本は、大変な状況になっていると思います。尖閣諸島などの問題を思うとき、私は非常に不安になるわけであります。早く日本を何とかしないといけない。民主党には、もっとしっかりしてもらわないといけない」
     「領土問題がこじれたのは民主党の責任。『菅政権は冷静だ』といわれているが、何もしないだけ。柳腰外交、中国になめられているなどへの対応がなされていない。このままでは、尖閣諸島と北方領土が危ない」
     「まだ、自民党政権の方がまともだった。一刻も早く、菅政権をつぶして、昔の自民党政権に戻しましょう。皆さんも心の中でそう思っているのでは。民主党政権では国が持たない」

    -----------------------------------------
    産経ニュース2010.11.26 01:30より
    http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101126/stt1011260131001-n1.htm

    政権批判封じの防衛次官通達 

    参院自民がPT設置 撤回するまで追及



     北沢俊美防衛相らの指示で自衛隊行事での民間人による政権批判を封じる防衛事務次官通達が出された問題で、参院自民党が「言論弾圧通達検討プロジェクトチーム(PT)」を設置した。25日に開いた初会合では、今国会会期中に通達を撤回しない場合、年明けの通常国会でも通達撤回を求めて追及する方針で一致した。
     PTは山本一太参院政審会長の下、佐藤正久参院議員ら8人で構成。PTは近く、航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)の航空祭(3日)で通達のきっかけとなる発言をした民間団体「航友会」の荻野光男会長を招くことを決めた。
     また、防衛省が通達に踏み切った遠因との指摘が出ている民主党の松崎哲久衆院議員の“恫喝”問題も追及。防衛省はPT関係者に、7月の入間基地の納涼祭で起きた松崎議員と空自隊員とのトラブルについて、入間基地側の調査は終えたと説明しており、速やかに調査結果を提出することを求める。



    太陽光発電ナビ

    在日コリアン掲示板より!外国人地方参政権、人権侵害救済法等で日本を侵略!民主党と公明党を在日コリアンが強力に支援

    2007年の掲示板の書き込みから以下がわかる。このとおり、2009年に民主党は政権を取った。


    ※日本が嫌いな左翼民主党を利用するため、マスコミ操作、献金を行って民主党政権を作る。
    外国人参政権、人権擁護法などの法案を通して、日本における在日コリアンの存在を大きくする。
    ※2010年3月10日の国会で、民主党が在日永住者への外国人参政権付与の大きな理由が、強制連行とするが、外務省文書による強制連行が全く捏造であることが高市早苗自民党議員により証明された。当時の民主党岡田外相に質問したが、返答に窮する。(最後に国会の動画あり)
    強制連行が無かったことは、在日コリアンの一世が本当は知っているが特権を得るため隠している
    ※在日韓国人は税金を払っているから地方参政権を認めるのは意味が違う。世界でも最高水準である、水道、ガス、下水道、鉄道等多くのインフラを使っている。インフラは、税金で運営されている。税金を払っているから、参政権をよこせは意味が違う。


    ※韓国語学校や、韓国交流会などを利用し、韓流かぶれの日本人に捏造の自虐歴史観を使ってコリアンに同情する日本人を増やし、民主党の宣伝を行い政権を取る。
    ※書き込みで出てくる、払ってもいない年金まで現在は在日コリアンには支給しているのです。
    無職でも年収約600万円といわれる在日特権を獲得し、日本人以上の生活をしている。
    ここまで日本人を愚弄しているのかと腹が立ちます。在日コリアンの本音がよく分かります。
    ※民主党と公明党など、在日コリアンを日本以上に優遇する議員は絶対落としましょう。


    ----------------------------------------
    以下の文書について拡散依頼がありました。拡散お願います。


    驚愕!!在日コリアンたちの本音
    http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=5&board=552022058&tid=cf9qa4nhbfffca5ga5b

    下は在日韓国/朝鮮人達のヤフー掲示板での会話の模様ですが、すでに、掲示板は削除されています。掲示板の対話は、2007年7月30日の午前4時32分から午後3時49分までのものです。
    少し長い文章ですが、面倒などと言わずに是非ともお読み下さい。
    これを読むと日本人がいかに甘ちゃんかよく分ります。

    韓国政府と韓国民団と在日が、歴史に無知な日本人を騙し、自虐史観で背骨が溶けてしまった日本人の偽善性につけ込み、時には哀れみを乞い、時には脅しを掛け、少しずつ権利を獲得し、日本人が気がついてみれば、彼等は強大な在日特権で遙かに日本人を凌ぐ生活レベルを獲得し、今や日本人に対する逆差別とも言うべき立場を確保したのです。それでも彼等は満足せず、朝鮮民族特有の永久に消えない「恨」を日本にぶつけ、その勢いは止まるところを知りません。


    当面の彼らの狙いは「外国人参政権」と「人権擁護法」、最終的には彼等に反対する日本人を「人権擁護法」で潰し、「被選挙権」を得て地方政治から国政に進出し、日本を母国韓国のコントロール下に置いて日韓併合100年の「恨」を精算することです。そしてそれを保証してくれるのが民主党政権と野党、そして公明党なのです。


    韓国政府や民団が目の敵にする「新しい歴史教科書をつくる会」や会員、「自由社」は真っ先に在日韓国朝鮮人に対する人権侵害の疑いで、「人権擁護法」の餌食にされるでしょう。


    民団は全国的運動を展開し、外国人参政権を推進する民主党候補を組織を挙げて応援する態勢を既に整えたようです。要するに韓国政府が民主党に梃子入れするわけですが、これは内政干渉の極みと言わずばなりません。


    民主党の議員も同じ日本人だから、まさかそんな馬鹿なことはしないだろうと思っているならば、民主党政権の本当の恐ろしさは理解できないでしょう。
    「日本は日本人だけのものではない」と言放つ政治家に国益など期待することは出来ません。


    神代の時代から2000年続いてきた世界唯一の伝統国家日本と御皇室を、次世代の日本人に引き渡すのが、今を生きる我々日本人の使命です。その為には民主党を売国党として非難し、何とか自民党を支えるしかありません。
    先の都議選で無邪気に民主党を支持した国民に、在日と民主党の危険性を知らしめなければ大変な事になります。
    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★
    記事引用>---------------------------


    いよいよ 投稿者: スヒョン 投稿日:2007年 7月30日(月)04時32分31秒  


    計画通り民主党が参院選で過半数を獲得。
    いよいよ始まりますね。自民党独裁弾圧政治の終わりの始まり。
    我々虐げられてきた在日同胞の権利拡大の始まり。
    最近はネットのおかげで90年代以前なら使えたネタが通じにくいですが民主党さんにはがんばってもらいましょう。
    まず短期的には在日同胞のお年寄りへの年金支給実現が急務です。
    生活保護だけでは本当に最低限の生活しか補償できないのが現実です。
    差別と弾圧の苦難の時代を乗り越え、我々三世四世が暮らせる基礎を気づき揚げてきたアボジたちに、豊かな老後生活を提供しなければならないですね。
    多くの日本人同様に税金をしっかり払ってきたわけだし、これまでの差別の歴史を考えてみたら我々にも年金をもらう資格はあるし日本政府にもその責任があります。
    在日同胞への年金支給がいちばんの優先です。
    その次は地方参政権獲得へと山を作っていきましょう。
    各地のコリアンタウンを基点に、組織的に民主党議員を支援していく体制はすでに整っていますが、足りないものがあれば、各支部ごとにまとめて本部に頼んでください。民主党の中での雰囲気醸成や意見の舵取りなどは、同胞議員の先生たちがきちんと動いてくれる予定ですから心配ありません。
    また北韓同胞との連携も必要になってきますので、支部長レベルでの会合等調整をお願いします。


    Re: いよいよ 投稿者: ハナ 投稿日:2007年 7月30日(月)04時44分54秒  
    >スヒョンニム
    本当に素晴らしいことです。
    こんなにも早く民主党が過半数とれるなんて!
    まだ参議院ですから油断はできません。
    次の衆議院選挙で民主党が過半数議席を獲得できるかどうかが我々の将来を決める大きな鍵になるでしょう。
    これからの日本の政権は民主党に任せるべきですよね。
    グローバル化した現在ですから我々在日コリアン以外にも
    在日外国人は日本に多いし、長く住んでも選挙で投票もできないから生活を良くしたくても声が届かない。
    >差別と弾圧の苦難の時代を乗り越え、我々三世四世が暮らせる基礎を
    >気づき揚げてきたアボジたちに、豊かな老後生活を提供しなければならないですね。
    これは本当にそのとおりですね。
    日本人はのうのうと年金もらって暮らしているのに
    同じように長年日本に住み、払いたくもない税金を払っている
    我々のアボジたちの中には、本当に悲しい生活をしているかたたちも多いです。
    昭和ー平成時代にかけて、日本に貢献してきたではないか。
    それなのに、日本人ではないというだけで年金ももらえない。
    同じ年の日本人がちゃんともらっているのに。
    民主党はその点、在日コリアンへの年金支給を名言してくれてるし、私たちにも選挙権がもらえる可能性が高い。これが本当のグローバリズムというものですよね。。


    Re: いよいよ 投稿者: とにる 投稿日:2007年 7月30日(月)07時05分31秒  
    まま、感情論は置きましょう。我々の目的が実現したら好きなことを言えるはずですから。今後、年金と参政権獲得のキーとなるだろう民主党各議員への献金準備なども準備は順調です。
    くれぐれも違法にならないように、日本人の感情を刺激しないように、慎重に進める必要があります。最近とくに若い日本人の間での「嫌コリアン感情」は無視できないものがあります。
    各支部で、韓流コンテンツやウリマル講座などを使って、
    そこで次回の衆院選で民主党に投票してくれる日本人を増やしていきましょう。
    今の私たちはまだ直接投票ができませんから、帰化した同胞の支援と理解ある良心的な日本人たちの協力が必要です。


    そうですね 投稿者: スヒョン 投稿日:2007年 7月30日(月)07時49分30秒  
    今までは、我が同胞たちは比較的攻撃的な声闘というやりかたを使ってきましたが、今後はそれだけでは難しい状況になりつつあります。
    これからの日本社会を背負う日本人の若者世代をどう理解させていくかが大きなポイントです。
    お人好しな日本人の気質をうまく利用していく必要があるのです。
    今までの「私たち在日はこれほど差別されてきた被害者なのです」という事実を伝えるだけでは日本人の若い世代は一歩引いて疑います。
    これからは「私たち在日も日本に貢献していきますから手を取り合いましょう」というメッセージが必要でしょうね。
    日本に対して姿勢を低くするのは我々の自尊心が傷つくものですがそれも数年の辛抱です。
    生活保護支給に関してはもうすでに問題なく支給してもらえる状態を勝ち取っています。
    同じ条件の日本人がいたら我々のほうが有利なやりかたです。
    これは申請の時にどうやればいいかがマニュアルになっていますから
    まだ知らない人がいる地域は各支部から配布をお願いします。
    年金支給や参政権は自民党政権では無理でしたが民主党政権なら実現できます。
    日本の政治を我々が動かすことができる時代がこれから来ます。
    目の前の気になることは少し目をつむって将来の我々の大きな勝利のために進みましょう。
    とにかくこれから2年は忙しくなります。次の衆議院選挙は2009年の9月。
    ここでも民主党に過半数を獲得してもらう必要があります。
    そのためには良識ある日本人をもっとたくさん増やす必要があります。
    この記念すべき2009年のために戦後我々の同胞たちは日本のマスコミ各社に同胞を送り込み日本人の良心の改革を進めてきました。
    その結果が今回の選挙でようやく出てきましたね。
    数年前から日本帰化も強化していますから、同胞有権者も増えていますし白先生や金先生のように日本国籍を獲得して立候補することもできるようになりました。
    両方から攻めていきましょう。
    我々のアボジたちができなかった「革命」が我々の世代で実現しようとしています。
    民主党にはそのための重要な道具として動いてもらいましょう。


    Re: そうですね 投稿者: とにる 投稿日:2007年 7月30日(月)08時20分48秒  


    しかし予想していたより早かった気がします。
    ある意味では自民党に感謝する必要がありますね。
    自民党の族議員たちが自分の利権を守るのに必死で普通の日本国民が日本の政治に興味を持たないように政治家が自分の腹だけを肥やせるようにし続けてきたからこそ
    同胞たちの日本マスコミ改革とうまく合って日本の世論を誘導できるようになったのですから。
    今回は民主党の先生がたが頑張って社保庁の年金問題を公開してくれたおかげは大きいですね。
    日本のオンモンに「漁夫の利」というのがありますね。
    日本と中国が我が韓半島を奪い合ううちにロシアが横から奪い去ろうというものですが、これからは日本人同士で利権の奪い合いをしている横から我々がそれを奪い去るという構造です。
    与野党と官僚が利権の奪い合いをしているところから我々が美味しいところをいただける。
    日本の一般国民も今は年金や不祥事なんかの目の前のことだけしか見てませんしね。マスコミもそういうところをどんどんやりますから都合がいいですよ。笑いが出るくらいです。
    とにかく日本の左派はまだまだ利用できます。
    とくに日本が嫌いな日本人がいるというのはおもしろいですね。十分使えます。
    日本憲法改悪反対派の議員たちをもう一度洗い出しましょう。護憲派の人たちは我々と考えが似ていますから、まだ利用できます。同じような人たちは自民党にもいます。落選議員に活動資金を献金するといった方法で良心を目覚めさせることも簡単でしょう。
    民主党にはかつて北韓の辛先生の擁護をしてくれた人たちもいますし。
    菅 直人が釈放を要求した「工作員全リスト」(週刊文春)


    間抜けは誰か――。安倍晋三官房副長官が言い放った「土井たか子氏と 菅直人氏は間抜け」発言が、みっともない展開を見せている。
    話の発端は89年。韓国の盧泰愚大統領へ、土井氏や菅氏ら133名の 国会議員が、『在日韓国人政治犯の釈放に関する要望』という署名を 提出したことに始まる。「政治犯」29名を列挙して無罪放免を訴えた ものだが、その中に原敕晁さん拉致事件の実行犯、北朝鮮工作員・辛光洙が 含まれていたのだ。
    http://nyt.trycomp.com/hokan/0025.html


    注意しなければいけないのは民主党内の一部の保守派ですね
    民主党は圧勝したといえ党内は一枚岩でないところも多いので。
    ただし基本的に相手は日本人です。一度信用させれば継続して信用し、その上でこちらのつらい状況を涙ながらに語れば心底同情してくれます。
    こういった点をうまく使いましょう。


    ターゲットは? 投稿者: Revolution2009 投稿日:2007年 7月30日(月)10時02分11秒  


    今後の日本人良心改革のターゲットは予定通り年配層や年寄りと女性ということでいいんですよね?
    最近うちの店でもハングル講座を始めて日本人女性が入ってくるから、韓国文化の紹介に少しずつ日本の戦争中の蛮行やこれまでの政治家の妄言などをまぜて紹介しながら私たちが年金や参政権をもらえない理由を教えています。
    その上でぜひ日本人として民主党を応援してくれるよう言っています。
    民主党なら日本人にとっても我々にとっても両方に都合いいですよね。
    ただ、とにるニムの言うとおり、韓国文化に興味のある日本人でもこっちの話しをまじめに聞いてくれるのはやはり年配や年寄りですね。
    若い女性などに日程の話しをしても、けっこう困った顔されたり今の私たちには関係ないと言われたりすることもありますよ。
    この前年金の話しをして、日本で暮らすわたしたち在日韓国人のおじいさんおばあさんには年金をもらえず苦しい生活をしている人たちも多いですと話しをしたら、
    日本人だって年金の保険料を払ってなければもらえないよと言われました。
    そうなんですか?
    でもそれだって我々の差別の歴史を考えたら日本は払うのが当然!


    Re:ターゲットは? 投稿者:とにる 投稿日:2007年 7月30日(月)12時28分12秒
    to Revoニム
    この前ありがとう。あの講座スタイルはいいですね。
    講座が終わった後に韓国料理を生徒にたっぷり食べてもらうというサービスは生徒の評判もいいようです。ただ、今は日帝の話題は出さないほうがよいと思います。
    我々の話に疑問を持たせることはない方がいいですね。
    これからとにかく
    1.我々在日は日本人と仲良くしてこれから日本に貢献したい
    2.今までの長い自民党政治ではそれができなかったし日本人も不幸になるばかり
    3.民主党政治なら在日同胞も日本人も同じように幸せになり日本もアジアで尊敬される
    そのような話し方をしていきましょう。
    どうも、これまでの在日同胞は自分たちの権利ばかりを出しすぎたところがあってそこが日本人の若者などの反発を受けているようです。
    これから何十年も何百年も続いていく我々の利益のためですからあと何年か、がまんしましょう。
    こちらが一歩さがって、日本人の自尊心をくすぐってやるんです。
    やつらはそういうのに弱いんですよ。ははは!


    イルボンサラム 投稿者:スヒョン 投稿日:2007年 7月30日(月)13時36分05秒
    嫌韓流以降、日本人の若者の間に嫌韓感情というのは本当に広がっています。
    私なりに考えてきましたが、やはり民族性が大きいでしょうね。
    コリアンは自分の考えはどんどん言うし、日本人のように建前は言いません。本音で話し合うしすぐ団結して行動する民族です。
    他の国に行くときは、どうにかして韓国の良さを伝えようとあれこれと試しますね。
    ときには主張が強すぎたり拙速すぎるところもありますが、そこが我々がどんな状況も耐え抜いてこれた大きな要素でしょう。
    日本人は集団行動や周りとの協調性を大切にします。他の人が不快に思うことはしません。
    そして自分を一歩さげて相手を立てることが正しいことだと思うんですね。そして日本のオンモンに「郷には入ったら郷に従え」というのがあります。
    よそものがそこに入ったら、その場所のルールに従わなければならないという考え方です。ここが大きく違うところで、これから我々が使える部分です。
    日本の若者を攻略するのは意外に難しくないです。
    嫌韓感情を持つ日本人の若者でもこちらから「今までの在日同胞のやりかたは良くなかった。日本人の気持ちを考えないで権利ばかり主張してきてしまった。我々もこれからは郷には入ったら郷に従うという日本の習慣も取り入れようと思う」ということを伝えるだけで彼らの表情が一気に変わりますよ。
    アボジたちがどうして今まで得れる権利を得れなかったか、そこはこうした頭の使い方が足りなかったからでしょうね。今だってそんなことは言うなと言うでしょうが、インターネットのおかげで、こちらも頭脳戦をしなければ勝てない時代です。
    そこは一時期愛国心は横に置いて、どれだけうまく日本人を多く我々側に取り込めるかを考えましょう。
    今回の民主党圧勝は我々にとって過去最大のチャンスですから。


    (無題) 投稿者: Revolution2009 投稿日:2007年 7月30日(月)14時22分19秒  
    しかし日本人はおもしろいですよね。
    謝ることが美しいと思っているんですから。
    講座の生徒が言ってましたが日本には濡れ衣を着るという思想の文化があるそうです。他人の罪を自分が変わって処罰されるところに喜びを感じるようです。
    だからすぐ何かあるとスミマセンと言うのかな。
    この前講座が終わってトッポギとマッコルリを出してあげたらみんなスミマセンと言ってましたよ。なんで謝るんでしょうね?アリガトウではないの?
    民族的マゾヒストなんでしょうかチョッパリは(^^)
    そんなのだから戦争に負けるんですよね。
    アベ首相が言ってる美しい国というのは、日本人全員が全韓国人に謝る国のことですよきっとね(^^)


    マスコミ対策 投稿者: スヒョン 投稿日:2007年 7月30日(月)15時49分54秒  
    あるかたからマスコミ対策は大丈夫なのかと聞かれましたが大丈夫です
    ここ数ヶ月の報道を思い出してください。
    自民党の不祥事や失言などは大いに報道されましたが民主党の失言や不祥事はほとんど流れなかったでしょう。
    ときどき冷や冷やした状態はありましたがテレビ局に新聞雑誌など主要なメディアのほうは本部のほうで抑えてあるようです。
    またマスコミ各社に勤めている同胞たちも自民党の不祥事は徹底的に報道して民主党の失言などはやりすごすような体制ができていますから心配ありません。
    なにより日本人はテレビと新聞を信用しますからこの辺は大丈夫でしょうね。大手新聞社やテレビ局はすべて抑えてあるとのことです。
    愚民対策とでも言いましょう。知らないのは一般日本人だけというなんとも可哀想な状況ですね♪


    以上
    ------------------------------------------------------------------------
    ------------------------------------------------------------------------
    韓国民団で民主党議員当選挨拶と民主党の
    政権交代挨拶映像


    強制連行は無かった事を外務省文書で
    証明した自民党の高市早苗議員


    外国人地方参政権の危険性を解説
    ;自民党高市早苗


    自民党稲田朋美議員が民主党の
    日本解体法について質問
    国政参政権と地方参政権の違いが分かっていない民主党、友愛の雰囲気
    で法案進める民主党の無知の議員が政権を取ることの恐ろしさを実感した。


    タケシのTVタックルで外国人参政権を議論


    たかじんのそこまで言って委員会 外国人参政権
    http://www.mefeedia.com/watch/28137113

    いよいよ中国人議員を国会へ送る本格的活動
    が始まった。【外国人参政権】日本内部から侵略
    帰化要件に入れるべきこと ①日本の国に対する忠誠を誓う。皇室を
    尊崇の念を持つ。②日本の歴史、文化を尊重する。③日本語が出来る
    こと(最低でも6カ国語で資料を作ると膨大な費用=地方自治体の負担)
    学校で多言語教育をやれ言うことになる可能性大。



    日本国旗を平気で切り刻んで民主党の旗にする。
    愛国心がある日本人なら決して出来ない事;国会でも追及


    太陽光発電ナビ

    北朝鮮砲撃の真相を日米英の情報を元に11月24日のスーパーアンカーで青山繁晴さんが解説

    2010年11月24日関西TV スーパーアンカー青山のニュースDEズバリ より

    安全保障問題の専門家青山繁晴さんが北朝鮮砲撃の真相を、日米英の情報当局者との議論を経て解説されている。

    概要を示します。最後に番組内容の動画を見てください。

    ・金正日独裁政権が危うくなってきている。次期後継者金正恩は、訓練する時間の余裕も無くこのままでは若すぎて国を掌握できない可能性がある。


    ・北朝鮮は、中国が怖くてアメリカを引き付けておきたい。
              ↓


    11月23日の砲撃の二日前の21日明らかになったのが、北朝鮮が米国側にウラン濃縮施設を公開(今月の11月12日)した。青森県六ヶ所村の施設がモデルとわかった。世界最高水準の日本のウラン濃縮技術が盗まれている。日本で北朝鮮の工作員が活動していることが分かる。日本の工作員(スパイ)対策、核に対する安全保障体制を見直さないと、テロに悪用される可能性大。


    ・11月10日付け韓国紙「朝鮮日報」によると、北朝鮮国内で、科学者や軍関係者らが核関連の機密情報を売った容疑で逮捕される事件が相次ぐ。
    ※核爆弾を作りやすいウラン型の技術を売っている。テロ関連組織に売っているのか。


     →青山さんが日米英情報当局者と議論した結果
    北朝鮮の自作自演で、このままいくと核技術を海外(テロリスト)に売る可能性を米国にアピール。
    アメリカは、北朝鮮内で核を持つこと自体は、アメリカ本土に打ち込むことは出来ないので大した問題ではないが、テロリストに渡ることをデッドラインとし、もしそのデッドラインを超えるなら北朝鮮を攻撃する可能性がある。
    過去、クリントン政権時に計画していたことがある。


    ・北京にいるアメリカのボズワーズ北朝鮮問題(核問題専門)特別代表は、今回の砲撃戦を受けて「望ましくない」と言った。米韓合同演習は再度11月28日に計画されており、北朝鮮が、板門店に相当数の長距離砲を持っており、今度は韓国ソウルに向け砲撃する懸念もある。


    米国が北朝鮮を攻撃すれば一番困るのは「中国」
    北朝鮮が崩壊した後、ウォン安の韓国一国では破綻国家北朝鮮を吸収できる力がない。従って、多国籍軍(日本は入らない)で管理し、米軍が北朝鮮に入ってくる。それは中国が一番恐れていることである。


    焦る中国は、北朝鮮軍部による集団指導体制への移行を加速させる。


    そのタイミングは、2012年前後。2012年は、アメリカとロシアの大統領選挙、中国の5年一回の共産党大会があり胡錦涛から習近平に代わる。北朝鮮の朝鮮労働党(共産党)も、金正日生誕70才で記念の党大会を予定している。2012年は凄い年になり、あと1年半とみる。


    2012年は日本にとって最初で最後のチャンス。


     ※北朝鮮からの金一族の排除
    全ての政治犯や拉致被害者が出てくる
    金一族がこんな事をやったとして必ず出てくる
    拉致被害者以外の480人近い定失踪者の方々も出てくる。

    ・誰が拉致被害者、特定失踪者を助けに行くのか。混乱の北朝鮮に救いに行くには、武装した日本国軍が行かねばならない。
    そのためには、国民が決めて政治家や官僚を動かさなければならない。

     青山さんは、視聴者の我々国民に深々と頭を下げて魂のお願いをされた。

    2012年の大変動の年までに、日本の自衛隊が日本国軍として行動できるように法改正を国民運動として行わなければならない。

    http://www.youtube.com/watch?v=PanYCRB0_pY


    http://www.youtube.com/watch?v=xEM2qmuRtdw


    http://www.youtube.com/watch?v=4CIIFB09mp8


    http://www.youtube.com/watch?v=goavQQ_7CJY



    出会い系サイトで出会う

    2010年11月25日木曜日

    中国人が日本人を罵倒する言葉が萌えキャラ「日本鬼子」、「小日本」になって反撃!中国人困惑

    尖閣における衝突問題以降、二 国間関係が険悪な日本・中華人民共和国であるが、中国国内の反日デモで叫ばれる「日本鬼子(リーベングイズ)」、「小日本(シャオリーベン)」という日本人/国への罵倒に対して、斜めに受けて「日本 鬼子 (ひのもと おにこ) 」、「こひのもと/こにぽん」と言う萌えキャラを作って中国人を萌え豚にしようぜ」と中国へ返すという草の根プロジェクトが2チャンネルで始まり、萌えキャラが2010年10月末に完成しました。素晴らしい切り返しです。日本のアニメ文化は素晴らしい。
    これから、日本の反中デモではこの萌えキャラを使いましょう。


    中国人の反応は、日本人を罵倒する言葉がこんなに可愛い萌えキャラになったことで困惑しているようす。これから、罵倒するたびに「日本鬼子」萌えキャラをイメージするので、罵倒する言葉がでてこないかも。


    中国圏のテレビ番組で「カワイイ」と紹介されたり、英語圏でも反応があるようです。
    アニメの職人が2チャンネルには多いことにビックリです。日本万歳ですネ。

    二次元ハニートラップ?

    「日本鬼子(リーベングイズ)」キャラ 「ひのもとおにこ」

    「小日本(シャオリーベン)」キャラ 「こひのもと/こにぽん」
    小日本

    Moe anthropomorphism of Rìběn guǐzi (Hinomoto Oniko) , Anti-Japanese sentiment
    http://www.youtube.com/watch?v=78Y2Iktz9Js&feature=related


    Hinomoto Oniko 日本鬼子って萌えキャラ作って(ry -代表デザイン決定編
    http://www.youtube.com/watch?v=MKl8vKMWe7A&feature=related


    Japanese witty response:"日本鬼子"→"ひのもとおにこ"
    http://www.youtube.com/watch?v=8wFERbkqZ0c&feature=related


    日本鬼子 ひのもとおにこ hinomoto oniko 幼女ver
    http://www.youtube.com/watch?v=FEbWIxAPgHk&feature=related


    【日本鬼子】反日デモで叫ばれる「日本鬼子」を萌えキャラ化
    http://www.youtube.com/watch?v=ybK03l-qiRs&NR=1


    日本鬼子の萌えキャラ化 中国の反応、その他の海外の反応
    http://www.youtube.com/watch?v=7NP51NEh9Dw


    日本鬼子を萌えキャラ化して(ryに対する海外の反応
    http://www.youtube.com/watch?v=C8EYHbqngDc&NR=1


    日本鬼子 ひのもとおにこ hinomoto oniko【鬼の住む国】
    http://www.youtube.com/watch?v=kI7iqqppj98&feature=related


    「日本鬼子」が海外デビュー!萌系 ;日本鬼子 反攻大陸宅男
    http://www.youtube.com/watch?v=U61haMHGLt4&feature=related


    オリジナルソング

    【VY1オリジナル】HAKUMEI fullver.【日本鬼子イメージソング】[HD1080p]
    http://www.youtube.com/watch?v=6H3zSRgb0Mk&feature=related


    【English Sub】 VY1 ~ Hinomoto Oniko no Love Song 【Vocaloid Original Song】
    http://www.youtube.com/watch?v=gEjGOc4XALE&NR=1


    今日のまひるさん 『日本鬼子 ~とっても可愛い小日本~』
    http://www.youtube.com/watch?v=mdUeudmlIsY&feature=related


    Japanese culture is invulnerability 日本鬼子(ひのもとおにこ)の誕生
    http://www.youtube.com/watch?v=0nlWQHaxjF4&feature=related


    檄! 日本鬼子衆 (Appeal ! Hinomoto Oniko Group)
    http://www.youtube.com/watch?v=_hG_TBBv3Hw&feature=related





    太陽光発電ナビ

    危険な奈良県生駒市外国人条例!日本に愛情を持たない人に地方参政権を渡してはなりません

    ※緊急拡散の依頼があり紹介させていただきます。
    奈良県生駒市で現在、「生駒市市民投票条例(案)」なる住民投票条例のパブリックコメントが出ています。
    この条例は、定住外国人にも投票に参加できる
    仕組みとなっており、事実上の
    「外国人地方参政権」
    と同じ内容となっている大問題な条例です。
    まず、生駒市案の住民投票は単なるアンケート的なものではなく、いわゆる拘束型と呼ばれ、投票結果の拘束力が強い内容となっており、事実上、地方自治体の意思決定を行うものとなっています。
    条例では外国人の人権が保障された社会をつくるとの趣旨で、投票の権利を定住外国人にも与えようとしていますが、そもそも外国人であろうがなかろうが、人権を保障するのは当然の事であり、外国人とも共生した社会をつくるのは言うまでもありません。しかし、その人権を守る事と、事実上の外国人参政権は全く別次元の話であり、混同するのは間違っています。
    また、地方自治体の意思決定など、たいした影響は無いのではと考えている人も多いかと思いますが、そのような事はありません。国政にも重大な影響を与える危険性があり、外国人の内政干渉を招く始まりとなる可能性があります。そして、現在地方分権を加速する議論が進んでいますので、将来の道州制等を考えると、地方の意見の重みは今よりも格段に大きなものとなります。
    地方自治体の意見と言えども、国政に大きな影響を与える一例としては、沖縄県の名護市での住民投票の結果により、国の専権事項である防衛問題(米軍基地移転問題)が宙に浮くなど、日本の国益に大きな影響を与えています。
    このような影響が例えば、(今は少ない人口とは思いますが)将来に大量の外国人の移民が、地方参政権のある都市に移住し、その外国の利益を反映した住民運動をすれば、地方の動きとはいえども、国政に大きな禍根を残すリスクがあります。条例は地方の法律ですので、合法的にそのような危険性をつくりだす原因となるのです。
    もし、地方に愛着を持ち、日本の内政に関与したいのであれば、帰化をして日本人の当事者として参加すべきです。外国の国籍を残しているということは、日本よりも、その国籍のある国への愛着が強いと思われますし、そのような人は日本の為、地域の為に行動しない可能性もあると思います。
    パブリックコメントは、2010年11月末まで受付しています。意見を提出できるのは、住民および「当該案件に利害関係を有する者」です。これは国民全体に利害関係がありますので、日本国民であれば、全員利害関係があると言えるでしょう。積極的に生駒市に反論をして、このような重大な問題のある条例を断固作らないようにしなくてはなりません。
    生駒市の本件パブリックコメントのページはこちら
    http://www.city.ikoma.lg.jp/enquete/detail4655.html
    繰り返しますが、日本人であろうが、外国人であろうが、当然ながら人権を尊重し、共生社会をつくる事が重要です。しかし参政権(住民投票権)付与と混同する議論は間違っています。

    友近ダイエット

    2010年11月24日水曜日

    北朝鮮砲撃事件に対し陸海空制服を入れた安全保障会議を開かない危機管理欠落の民主党政権!

    安倍晋三元総理の携帯メルマガ2010年11月24日15:53より

    安陪元総理は、安全保障に対する考えがあまりにもお粗末なのを嘆いています。
    こんな事で、日本は守れないと思います。

    さて菅政権の危機対応はどうだったでしょうか。
     驚くべき事に未だに安全保障会議を開いていません。
     関係閣僚会議は開催していますが、性格が違います。
     安全保障会議には統合幕僚長はじめ陸海空自衛隊の制服トップが入りますが、関係閣僚会議には入りません。
     総理室には日米の衛星情報の分析もしている情報本部長も入っていません。 
     自衛隊を「暴力装置」と平然と呼ぶ人達です。
     彼等を活用する考えは毛頭ないのでしょう。」

    -----------------------------------------------
    安倍晋三元総理の携帯メルマガ 2010年11月24日15:53より





    瀬戸際外交は、瀬戸際を踏み越えれば国ごと滅亡する。
     
     だから北朝鮮は、朝鮮戦争以来、彼等の相場感に於いての一線は決して越えない。
     今回も攻撃は海上の北方限界線に近い島に限定しています。
     瀬戸際から落ちない様にしながら挑発している限り、米軍の本格的な軍事力の行使はなく、今までの様にやがて「アメ」が貰えると踏んでいるのしょう。
     
     しかし拉致を実行し、核実験した段階でとうに一線を越えているのです。
     今、私達がとるべき行動は、金融も含めた容赦無い国際的経済制裁です。
     
     さて菅政権の危機対応はどうだったでしょうか。
     驚くべき事に未だに安全保障会議を開いていません。
     関係閣僚会議は開催していますが、性格が違います。
     安全保障会議には統合幕僚長はじめ陸海空自衛隊の制服トップが入りますが、関係閣僚会議には入りません。
     総理室には日米の衛星情報の分析もしている情報本部長も入っていません。
     
     自衛隊を「暴力装置」と平然と呼ぶ人達です。
     彼等を活用する考えは毛頭ないのでしょう。
     菅首相の頭にあるのはこの事態を利用して補正予算を通すことだけでしょう。
     官邸では「神風が吹いた」なんて言っているぐらいですから。
     この人が最高指揮官なのですから自衛隊の皆さんが気の毒です。
     
     自衛隊、海保の士気の低下が心配です。
     


    医薬部外品

    現代ビジネスより「中国と密約 裏切りと炎上の民主党政権 ビデオは公開しないと約束していた!

    本日の現代ビジネスより


     菅政権にとって、横浜で行われたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の首脳会談に、中国の胡錦濤国家主席が出席するかどうかは、政権のメンツに関わる大問題だった。
    「そのため当初から、『菅政権は胡主席のAPEC出席と引き換えに、魂を中国に売り飛ばした』などという批判が、政府内だけでなく霞が関の中からも出ていました。"密約"の中には、菅首相が胡主席と会談しても、領土問題には一切触れない、などの要求が中国側から出ていた、という話もあります」(外務省関係者)


    尖閣ビデオ流出が、YouTubeに公開された11月4日夜12時頃、民主党の川内博史前国交委員長は官邸の仙谷官房長官に電話した。秘書官から、お休みなのでおつなぎできないとの返事。菅総理は、民主党の議員と飲んでいて、翌日まで知らなかった。この政権は、危機管理能力が全くない。


    もともと、菅首相のリーダーシップ不足と仙谷氏の独善主義によって、政府内に混乱が続いていた折だ。「ビデオ流出」という、たった一本の火矢が放たれただけで、民主党政権の"本丸"は簡単に炎上した。

    仙谷氏は、流出直後に『原口と小沢の周辺を洗え』と指示。(官邸関係者)
    馬淵澄夫国交相、前原誠司外相も疑われた。

    民主党政権の身内を信用していない冷えた関係がよく分かる。
    以下に現代ビジネスの記事内容を示す。


    ------------------------------------------------
    現代ビジネス 週刊現代2010年11月24日より

    中国と密約 裏切りと炎上の民主党政権 裏切りと炎上の民主党政権

    内幕ドキュメント
    ビデオは公開しない約束をしていた!

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1597
    徳島に帰って弁護士をした方が
    この国のためなのかもしれない

    一人の海上保安官の「決意」と「覚悟」が、菅政権を大きく揺さぶっている。
    なぜこの航海士は、法を破る危険を冒してまで、衝突映像を流出させたのか。
    「実は、政府が映像公開を躊躇した背景に、『中国との密約』があると言われています。9月の衝突事件後、民主党の細野豪志前幹事長代理が訪中した際、映像を公開しないのと引き換えに、フジタ社員の釈放と日中間の緊張緩和を"密約"したのではないか、というのです。その絵を描いたのは、言うまでもなく仙谷由人官房長官です」(民主党幹部)

    そこまで中国に媚びるのか

    菅政権にとって、横浜で行われたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の首脳会談に、中国の胡錦濤国家主席が出席するかどうかは、政権のメンツに関わる大問題だった。
    「そのため当初から、『菅政権は胡主席のAPEC出席と引き換えに、魂を中国に売り飛ばした』などという批判が、政府内だけでなく霞が関の中からも出ていました。"密約"の中には、菅首相が胡主席と会談しても、領土問題には一切触れない、などの要求が中国側から出ていた、という話もあります」(外務省関係者)
    こうした見方を裏付けるように、衝突映像の公開を否定する仙谷氏の言い訳は、コロコロと変遷してきた。当初は、「中国をいたずらに刺激してはいけない」と言っていたのに、その後「捜査資料だから」「海上保安庁の漁船拿捕の手法がばれてしまう」などと説明が二転三転した。
    そして、ネット上に映像が流出すると、今度は「(流出犯の)量刑が下がる恐れがある」とまで言い出した。これだけ支離滅裂な発言が続いたら、「裏に何かある」と考えるのが自然だ。航海士が映像を流すにあたり、「sengoku38」というハンドルネームを付けたのは、こうした仙谷氏の「裏切り行為」に不信感を抱いてきた、国民全体の気分を代弁する意味があったのだろう。
    今回のビデオ流出騒動で見えたのは、「大官房長官」として政権を牛耳ってきた仙谷氏個人の能力と、民主党政権の国政担当能力、双方の明らかな限界だ。
    政権運営に行き詰まり、もはや正常な判断を誰も下せなくなっているのか、11月10日に行われた衆院予算委員会を前に、民主党は前代未聞の暴挙に出た。
    この日、国会中継は午前11時から始まったが、実際の審議はその30分前に始まっていた。実はこんな中途半端な放送スケジュールになったのは、民主党がNHKに対し、国会中継の許可を出さなかったからだ。
    「予算委は午前10時から開始予定でしたが、中継がないのを知った自民党がNHKに抗議し、30分遅れで審議が始まり、放送が始まったのはそのさらに30分後でした。しかも、事前に民主党がNHKに対し、『自民党が中継不要と言っている』と自民党のせいにしていたことが分かり、自民党サイドは激怒していました」(全国紙政治部記者)
    この日の予算委は、海上保安官が衝突映像を流出させたとの第一報が流れた直後で、野党の厳しい追及が予想された。しかし、だからと言って国会中継をやめさせようとは、どこが「開かれたクリーンな政党」なのか。民主党はその看板を、掛け替える必要がある。

    「オレのところに来るな!」

    そして、そんな幼稚で身勝手な民主党を牽引してきた仙谷官房長官も、メッキが剥がれ、心身ともに限界が見えてきた。現役閣僚の一人は、仙谷官房長官が、こうこぼすのを耳にした。
    「みんな、オレのところに丸投げしてくる・・・。菅は本当に何も考えていない」
    疲れが溜まり頭が朦朧としてくると、逆にイライラが募る。必然、日々の言動にも異変が表れてくる。
    「怒りっぽくなり、夜回りの番記者に、『もうオレのところに来るな!』と怒鳴ったりしています。ここ1ヵ月ほどの間に、ベロベロに酔っ払って、秘書官に支えられないと歩けないような状態で帰宅したことが何度もありました。『壊れかかっている』という見方が、記者の間でも広がっています」(全国紙政治部デスク)
    尖閣衝突ビデオに、警視庁テロ対策情報の流出。国会運営の混乱と、補正予算案などの審議の難航・・・。
    「最近の仙谷氏は、流動食を一日数回に分けて摂り、辛うじて体力を維持しているようです。今後、国会での乱暴な答弁はもっと増えるでしょうし、結果的に菅内閣の支持率は、さらに低下していくでしょう」(政治評論家・浅川博忠氏)
    仙谷氏はこれまで、菅はバカ、他の大臣もみんなバカ、と言わんばかりの態度で自分が前に出てきて、民主党政権を仕切ってきた。ところがその結果、負担が増えすぎて手が回らなくなっているのだから、自業自得と言えなくもない。
    尖閣ビデオ流出事件の裏では、「官邸崩壊」を象徴する、こんなこともあった。
    ビデオが「YouTube」上にアップされた11月4日夜、新聞記者からその情報を聞いた民主党の川内博史前国交委員長は、慌てて官邸に電話を入れた。仙谷氏に、事実関係と、対策などを確認するためだ。
    ところが、官邸の反応は驚くべきものだったという。
    「仙谷氏にコンタクトを取ろうと官邸に電話を入れたのは、夜12時前です。すると、秘書官が出て『長官にはお繋ぎできない』と言う。この非常時になぜだと問い質したら、『官房長官は、すでにお休みされています。その件は明日朝、長官にお伝えします』と言われ、呆気に取られました」
    菅政権において、重大情報は、まず仙谷氏のもとに集められる。しかし、その仙谷氏が極度の疲労で寝込んでいる場合、危機管理どころか、官邸の機能そのものが完全に停止するわけだ。
    実際、衝突ビデオがネット上を賑わせ始めていたその頃、仙谷氏によって「情報過疎」の状態に追いやられている菅首相が何をしていたかと言えば、別の民主党議員と無邪気に一杯やっていたのであった。
    証言するのは、民主党の斎藤勁国対委員長代理だ。
    「あの日は、菅さんから『国対委員長代理の就任祝いをやろう』とお誘いを受け、赤坂の日本料理店で夜9時過ぎから会食をしていました。その場には首相秘書官もいましたが、ビデオ流出に関し、何らかの報告が入った気配はまったくありませんでしたね」
    菅首相がこの宴席を後にしたのは午後11時過ぎ。すでにネット上で騒ぎが広がり始め、マスコミも動き始めていた時間である。
    しかし、菅首相はまるで"蚊帳の外"だった。ウソみたいな話だが、国家の最高権力者の情報レベルが、その時点では一般市民よりはるかに遅れていたのだ。
    「その後の政府内は、混乱の極み。日付が変わった後に報告を受けた菅首相は、『どこだ! どこのチャンネルが流している!』と喚き散らし、テレビではなくネット上だと告げられると、『YouTubeってどうやって見るんだ! どうするんだ!』と焦りまくっていたそうです。一方、仙谷氏のほうは、いきなり『(流出元は)どこだ。海保(海上保安庁)か。那覇(地検)か』と口走ったとか。どちらかに何かされる・・・そんな心当たりでもあったんでしょうかね」(別の民主党幹部)

    仙谷は逃げ切れるか

    もともと、菅首相のリーダーシップ不足と仙谷氏の独善主義によって、政府内に混乱が続いていた折だ。「ビデオ流出」という、たった一本の火矢が放たれただけで、民主党政権の"本丸"は簡単に炎上した。
    仙谷氏が、根拠もない段階で「犯人」に言及したくらいだから、政府内ではすぐ、「実行犯は身内」との疑心暗鬼が広がった。与党内でも多かった「映像を公開すべし」という声を無視し、「中国との密約」を裏付けるような態度を取ってきた仙谷氏に対しても、ずっと不満が燻り続けていた。
    「流出事件の直前にも、政府内には『なぜ映像を全面公開しないのか』と仙谷氏に詰め寄っていた者がいました。いざ映像が流出した際、彼らが真っ先に疑われたのです」(前出・現役閣僚)
    "容疑者X"としてまず浮上したのは、なぜか原口一博前総務相だったという。
    「実は仙谷氏は、流出直後に『原口と小沢の周辺を洗え』と、密かに指示を出しています。原口氏は衝突事件が起きた後に尖閣諸島の視察を挙行しており、小沢氏にも近い。それで、『あいつらが裏で糸を引いているのでは』と疑ってかかったようです」(官邸関係者)
    原口氏にすればとんだ濡れ衣だが、別の"容疑者"として、海上保安庁を所管する馬淵澄夫国交相の名前まで挙がっていたという。馬淵氏は衝突事件に対し、一貫して「中国に対し、日本の立場を明確にせよ」と主張しており、映像公開に関して積極派だったため、目を付けられたのか。
    さらに、そんな疑惑の渦中には、前原誠司外相までが登場していた。
    「『前原が怪しい』という話は、実は菅首相周辺から出ていました。確かに前原氏は対中国強硬論者ですが、首相周辺から大臣に『怪しい』という疑いをかけられること自体が異常です。前原氏は仙谷氏の子飼いと見られていることもあり、『首相と官房長官が、互いに疑心暗鬼に陥って責任の擦り合いをしている』ように見え、ますます政府内の動揺を広げる結果になりました」(民主党中堅議員)
    トップの二人が互いを信用していないのだから、その配下に一致団結など期待するのはとうてい無理。互いに容疑者扱いされそうになった前原外相と馬淵国交相にしても、「関係が冷え切っている」(別の民主党中堅議員)という。馬淵氏は6日、前任の前原氏が進めた群馬県・八ツ場ダムの建設中止方針を事実上撤回してしまい、物議を醸した。
    「馬淵氏にしてみれば、八ツ場ダムにしろJALの再建にしろ、前原氏がやったのは全部中途半端な思いつきばかりで、自分はその尻拭いをしていると思っている。一方で前原氏は、馬淵氏のことを『自分の総理への道を脅かす存在』として心を許していない」(同)
    人は城、人は石垣、人は堀・・・。戦国の名将・武田信玄の言葉だが、人心さえまとまっていれば、その結束が強固な城となって、国は安定する。しかし、逆に為政者から人心が離れてしまった国は、滅亡する。
    それは、そのまま現在の民主党政権に当てはまる。「城主」と「家老」の間に意思疎通がなく、「武将」たちは不満を溜め込み、勝手な行動に走るだけ。これで城がもつわけがない。「民主城」が落城する日は、そう遠いことではなさそうだ。
    「仙谷氏は、海保の鈴木久泰長官に対し『責任は免れない』と言いながら、馬淵国交相のほうは擁護している。しかし、鈴木海保長官が辞任すれば、必然的に馬淵大臣の責任問題が浮上し、ひいては尖閣問題への対処を指揮してきた仙谷氏の責任が問われることになる。もし民主党政権を守るつもりなら、最終的には、当然、仙谷氏自身がクビを差し出すしかなくなる」(民主党ベテラン代議士)
    菅政権は発足以来、法案を一本も国会で成立させていない。臨時国会の会期末は12月3日に迫っているが、仮に会期を大幅延長したとしても、景気対策に必須の'10年度補正予算の執行すら危ぶまれる状況だ。そろそろ、国民の堪忍袋の緒も切れ掛かっている。
    信玄の子・勝頼は、「人は城」という父の遺訓を守れず、配下の離反を招いて滅亡した。同様に、仙谷氏や菅首相が求心力を失い、自滅して"クビ"になっても、もはや誰も驚きはしない。
    だが、民主党政権が焼け落ちる中で失われるのは、彼らの政治生命などではない。政権交代に未来を託した国民の夢と希望が、その無責任によって、空しく灰燼に帰すことになる。





    ライブチャットで出会う