2010年11月21日日曜日

2010年11月20の中国の尖閣侵略糾弾の大阪デモ3300人参加!なんば高島屋前に集まった人数は戦後最大か

今回も、11月20日23時時点で、産経ニュースのみの報道です。
私も参加しましたが、見たことがないほどの長い人の列で、多くの日の丸が乱立する壮観な景色でした。
沿道からも、多くの人が拍手と「頑張って」の声援がありました。
信号待ちの時、沿道から「ドコの政党ですか」と聞かれました。
「政党は関係なく、インターネットの呼びかけで集まったんですよ」と言うと「インターネットは見ないから」と言いながら驚かれた表情でした。

私は、初めてのデモでした。中国共産党の尖閣問題、民主党糾弾で、こんなに同じ思いの人たちがインターネットで、年齢、性別を超えて子供から学生、中年、お年寄りまで、多くの人が混じったの列を見て感激ひとしおでした。また、若い女性が多いのに驚きました。

※集合地の集会で、デモの効果を日本李登輝友の会 永山英樹さんが言っていました。
11月6日のAPEC開催中の横浜デモを見て中国の広報が記者への報道を取りやめたとのこと。確実に中国共産党への影響を及ぼしていることとのことです。

※なんば高島屋前の集会では、約2時間のスピーチがありましたが、ほとんどのデモ参加者は最後までみんな真剣に聞いていました。田母神さん、西村眞悟元議員、水島総社長など多くの方がスピーチされ大変盛り上がりました。

西村眞悟議員の、「陸海空軍を持ち、核武装しなければならない」のアピールに大歓声がわき上がっており、目覚めた人が多くなったのが印象的でした。デモに参加されていない一般の多くの方もお聞きになっていました。

※デモの警備の方が、機動隊や警察の方から規律正しいデモですねとお褒めの事をいただいたとのこと。

また、次の大阪も参加します。

出発前の集会
video

なんば高島屋前を向かいのマルイから撮影
video






産経ニュース 2010.11.20 22:23

「中国の侵略許さぬ」

  大阪で3300人抗議デモ


街宣車で演説をする田母神俊雄・頑張れ日本!全国行動委員会代表=20日午後4時28分、大阪市中央区(鳥越瑞絵撮影)
街宣車で演説をする田母神俊雄
・頑張れ日本!全国行動委員会
代表=20日午後4時28分、
大阪市中央区(鳥越瑞絵撮影)

沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件に関し、民間団体「頑張れ日本!全国行動委員会」(田母神俊雄会長)などは20日、大阪市内で中国政府への抗議デモを行った。尖閣問題をめぐる同団体のデモは関西で初めてで、約3300人(主催者発表)が参加した。
先導したのは、関西本部代表の西村真悟元衆院議員や大阪支部代表の三宅博元八尾市議ら。「中国の侵略を許さない」「日本の領土と主権を守り抜く」などと訴え、西区の新町北公園からミナミまで約3キロを歩いた。日本の国旗を手に参加した家族連れや学生の姿も目立ち、中国に配慮して衝突映像を一般公開しない日本政府の対応を批判する声が多く聞かれた。
インターネットの呼びかけで参加した大阪市内の男性(41)は、予想を超える大規模なデモに「まだ日本に希望が残っていると感じた」と話していた。
------------------------------------------------
参考:

産経新聞東京1面


http://www.youtube.com/watch?v=U9xd2L0bHoc&feature=youtube_gdata


http://www.youtube.com/watch?v=onw1fmJcfdc&feature=youtube_gdata


http://www.youtube.com/watch?v=sF8ijNfsA1M&feature=youtube_gdata


代表的なギャグ